研修会・講習会

【2月7日】病院医療従事者認知症対応力向上研修のメインイメージ画像

開催日時:平成31年2月7日(木)13:30~16:30

 京都府が認知症対策の指針として平成25年度に策定した「京都認知症総合対策推進計画(京都式オレンジプラン)」においては、病院が、患者が認知症になっても、本人の意思を尊重し、住み慣れた地域での生活を支援するべく、医療・介護・福祉等の関係機関や多職種間の連携を強化し、切れ目なく認知症治療を行える体制整備や対応力向上を図ることが喫緊の課題となっています。
 そうした中、当協会では京都府から委託を受け、病院のあらゆる医療従事者が認知症患者や家族に対する幅広い対応スキルを身につけ、医療と介護・多職種連携、認知症ケアの基礎知識等を習得するための上記研修を平成25年度より開催し、大変好評を頂いております。今年度についても研修日程が下記の通り決定しましたので、ご案内いたします。
 本研修は、病院の全職種を対象とした内容となっており、必ずや貴院の認知症患者への対応力向上にお役に立てることと存じます。また、参加費は無料で、修了者には京都府知事名で修了証が発行されます。つきましては、本研修を未受講の方は、是非ともご参加を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


日時/平成31年2月7日(木) 午後1時30分~4時30分
場所/メルパルク京都5階 会議室A(京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676−13)
研修内容/別添の研修カリキュラムに基づく講義及び演習(事例検討等)
講師/松岡 照之(京都府立医科大学大学院医学研究科 精神機能病態学・認知症サポート医)
   山田 亜由美(京都民医連中央病院 病棟看護師長・認知症看護認定看護師)
   竹内 嘉代(宇治おうばく病院 作業療法士)
対象者/京都府内の病院に勤務する全職種
参加費/無料
定員/130名
その他/研修を修了された方には、京都府から修了証が交付されます。※過去に同研修(訪問研修を含みます)を受講された方及び京都府看護協会主催の同様の研修を受講された方には、本研修の修了証は交付されません。
申込方法/本システムより1月24日までにお申込ください。なお、定員に達し次第締め切りますので、お早目に申込みください。



会場名

メルパルク京都 5階 会議室A


参加費

無料


申込期限

2019年1月31日 18時0分

印刷物を見る PDF

申し込む

ページトップへ

Loading…